読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャノン ピクサス MG6230の特別洗浄液クリーナーでプリントヘッドの問題解消

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あなたのキャノンプリンターは

Windows10への対応は大丈夫ですか?


オープンでは絶対に話せない

プリンター2倍長持ち使用法


きっと知らないと損をする

「キャノンプリンターWindows10対応表」
の特典を今だけプレゼントしています!

 

☆1000名様突破記念でさらなる特典も!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

☆キャノン ピクサス MG6230の特別洗浄液クリーナーでプリントヘッドの問題解消

 

キャノンインクジェットプリンターの目詰まりを自分で修理することは可能です。

しかし、出来るものと出来ないものがあるので、しっかり調べてから取り組まないと大失敗します。

そのためにいろいろ勉強していきましょう!!

 

1.軽度な目詰まり(カスレ、色飛びなど)
プ リントヘッドは使用頻度が高ければ、純正のインクであろうが、詰め替えインクであろうが、目詰まりを起こします。ただ、純正の方が目詰まりはし難いことは 確かです。それは詰め替えなどに比べて高いインク代を払って使っているのだから、当然と言えば当然かも知れません。詰め替えインクでも激安のものや100 円ショップのものは目詰まりしやすい傾向があります。

 

ただ、純正を使い続けるとランニングコストが大きくなるのでどっちが得かは正直わかりません。

 

個人的には、品質の高い詰め替えインクを使うのが一番コストパフォーマンスは高くなると思います。

 

さらに目詰まりも程度が違います。プリントヘッドの中で、単純にインクが固着しまったレベルであれば「目詰まり解消クリーナー」で改善するケースが多いです。

 

しかし、ほこりまみれで掃除をほとんどしない部屋やオフィスなどで使っているプリンターや長期放置状態の場合、ホコリなどが中に入り込んでしまうことも多いです。そこまで来ると洗浄液クリーナーでは太刀打ちが出来ないでしょう。

 

また、ヘッドを永く使用しているとヘッド異常などで、発色が悪くなることもあります。このケースもクリーナーでは太刀打ちできません。そのため「目詰まり解消クリーナー」は万能とは言えません。

 

そのため、これらのケースはプリントヘッドの交換が最良の方法になります。

 

また、クリーナー作業はヘッド交換に比べると作業が大変なので、場合によっては自らヘッドやプリンター本体を故障させてしまうこともあります。決して難しい作業ではありませんが、とても慎重に作業を行う必要があります。

 

ここが結構知られていませんが、世の中に出回っている「目詰まり解消クリーナー」更に注意点がたくさんあります。製品によっ
て危険な薬品を大量に使用しているケースやアルコールを使っているケースがあります。室内で使う場合、中毒や引火による発火や爆発に注意が特に必要です。インクの吹き出し口は、ものすごく高温になるのでアルコールを使うことは実は論外です。

 

単純な目詰まり(カスレや色飛び)だけの問題であれば、かなりの確率で復活可能です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
安全な目詰まり解消クリーナー販売ページへ

 


2.相当重い目詰まり
先程も書きましたが、ホコリ混入の場合やヘッドの原因の場合、洗浄液でもどうにもなりません。エラーが出ていなくてもプリントヘッドの交換が必要になります。しかし、古い機種は在庫がなかったり、偽物だらけです。本物を扱っているところを見つけだせれば良いのですが。

 

重い目詰まりであれば、ここでほぼ復活可能です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
キャノン用純正プリントヘッド(新品)を修理用にお探しの方はクリックして下さい!!

 


新品の購入をご検討でしたら、このページに選ぶコツを記載しました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
新品キャノンプリンターを買い替え用にお探しの方はクリックして下さい!!

◎メリット、デメリットをしっかりお考えになった上で、ご自身に一番あった方法でプリンターをお使いになられると良いと思います。また愛着のあるプリンターを長くお使いいただきたいと思います。